新型コロナウィルスで今後ドル円はどうなるか?

FX

新型コロナウイルスで今後ドル円はどうなるか?

世界全体の新型コロナウイルス感染者はいまや9,800人を超え(香港大チームは7万人越を推定)、2002年に発生したSARSの感染者数を上回っており、世界保健機関WHOが緊急事態宣言をするまでになりました。

このような状況の中、世界経済減速の懸念が強まっており、マーケットでは今後益々リスクオフの流れが強くなることが予想されます。

これからのトレード戦略を考えるうえでも、新型コロナウイルスを無視できる状況ではないので、このウイルスとは何か?と今後の影響を私なりに考察してみたいと思います。

新型コロナウイルスは生物化学兵器!?

ネットでは特に今回の新型コロナウイルスは生物化学兵器であると言われています。それはなぜでしょうか?その根拠に挙げられているものをご紹介します。

中国科学院武漢病毒研究所

この研究所が管轄する施設は2つあり、1つは「武漢生物製品研究所」といい、もう1つは「武漢国家生物安全実験室」(同実験室は中国当局が今回の新型コロナウイルスを最初に発見したとする海鮮市場から30キロほどの距離にある)という施設です。この2つの施設は、SARS・コロナウイルスも研究していたと言われており、どちらかあるいは両方でバイオハザードが指摘されています。

2017年には米国のバイオセーフティ専門家が、SARSに似たウイルスがこの研究所から漏れて、世界で最も危険な病原体になる可能性があると警告していました。

また中国の生物兵器戦争を研究してきた元イスラエル軍諜報部員のダニー・ショハムは、この研究所は中国政府の秘密の生物兵器プログラムと関連があるとワシントン・タイムズに語っています。

SARSは生物化学兵器だった可能性

ロシアのウイルス兵器専門家は、SARSは天然痘とエボラのハイブリットで生物化学兵器としており、なぜなら自然界のウイルスだとSARSのような爆発的な感染拡大はしないからだと主張しています。

また中国軍は第2次大戦後からロシアの軍事支援を受けて生物化学兵器を開発しており、その研究開発でバイオハザードを起こしたのがSARSだと言われています。

実はコロナウイルスは南アフリカがDNA特許を保有しており、これは特定の人種に作用する選択型の生物化学兵器であった可能性が高く、そしてこれを基に作られたのがSARS・新型コロナウイルスではないかと囁かれています。

現にSARSはあれだけ中国・香港・台湾で猛威を振るったにもかかわらず、韓国の死者数0、日本に至っては感染者も0だったのです。

感染は予想されていた!?

2014年、イギリスの制作会社NdemicCleationが「Plague Inc」という感染症を扱ったゲームを作っていました。ユーザーがモジュールを作成し、その一つがコロナウイルスと名付けられ公開されました。その説明文に「2020年に中国でSARSに酷似したコロナウイルスが発生する」と予告されていました。

またビル・ゲイツ財団も共催した2019年11月のジョンズホプキンス大学で公開されたシミュレーションでは、ワクチン対応ができない架空の新型ウイルスによって1年半で6,500万人が死亡する、というシナリオが紹介されていました。

 

東京オリンピック中止の可能性

SARSの時、最初の感染から終息まで232日かかっており、これを今回の新型コロナウイルスに当てはめて考えてみると終息日は7月27日になります。

東京オリンピック 開会式:7月24日(金)

危ないですね・・・。

ここからは個人的見解ですが、これに合わせ自然災害を非常に懸念しています。

2020年前半でいえば、3月21日(土)、5月11日(月)は特に注意して下さい。

 

今後のドル円の動き

日本での感染拡大のピークは、2月中旬頃と言われているので、2月12・13・14日でオーバーシュートが起こり、104円台を試すのではないかと見ています。

あまり考えたくないですが、日本で死者が出た場合が、このオーバーシュートが起こる可能性が高くなると見てます。

3月中にも終息していくようであれば、それに合わせ戻すかと思いますが、110円はもう超えることはないかと思います。仮にさらに状況が悪化しているようであれば、100円を切りにきてもおかしくないと考えています。

トランプが再選するまでは、大恐慌にはならないとする見方が大半ですが、実はトランプ再選のシナリオではないとすれば・・・。

 

まとめ

兎にも角にもまずは各個人でしっかり対策しましょう。

・手洗いする。

・イソジンでうがいする。

・ストレスをためない。

・体を冷やさない。

・しっかり寝る。

・とにかく寝る。

免疫力を下げなければ、そこまで恐れる必要はないかと思います。

また体調が優れない時はトレードは休みましょう。

それが負けないコツです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました