FXで継続的に儲けるには?

FXで儲けることはそんなに難しくありません。ですがトレーダーの9割は負け組とよく言われます。それはなぜでしょうか?

それは継続的に儲けることが非常に難しいからです。

ランダムウォークをする市場で決して負けないなど不可能なのです。

継続的に儲けるには、継続的に儲ける損切を覚えないといけません。

継続的に儲ける損切を、わたしは先手損切と呼んでいます。
私がつくった造語です。

意味はエントリーと同時設定する損切(STOP)のことです。
位置はエントリーの値からこれ以上 下がれれば(または上がれば)エントリーの優位性(シグナル)の意味が無くなる位置に設定します。
ロット数は、損切しても精神的に負担にならない枚数にして下さい。

対義語として後手損切があります。

意味は最初に設定した損切をずらした もしくは 相場に切らされた損切(ロスカット含む)のことです。

相場がエントリーした方向と逆に動き、先手損切に近づいたとしても絶対に動かしてはいけません。

1回でもずらしてしまうと、たぶん1か月以内に退場するハメになります。

ずらしたおかげで損切にかからず、また相場が戻ることは多々あります。利益が出ることもあるでしょう。

ただ、戻ることなく1~1.5円(ドル円の場合)動く日も1~2か月に1回はあるので、必ず後手損切で切らされ資金的に大きな痛手をくらいます。

仕事でも先手にまわれば上手くいくことが多く、後手にまわれば上手くいかないことが多いのではないでしょうか?

トレードにおいても必ず先手損切するようにして下さい。

私はプラスの収支報告しかしないやつは信用しません(笑)

間違いなくウソつきだから(^^;

プログランキングに登録したのでご協力頂ければ有難いです
人気ブログランキングへ



サラリーマンにおすすめ!クレジットカードで入金できるFX口座

チャートを見ていて、今日間違いなく上がりそうだけど資金がない!!って経験ありませんか?

恥ずかしながら私は何度かあります(笑)

ナンピン連打でコツコツドカンを喰らった次の日とか多いですよね・・・悲しいかな。

相場が底を打って戻り始めるのを指をくわえて見てるほど虚しいものはありません。

そこでおすすめするのが私が使っている海外業者です (^-^)

日本のFX業者はネットバンキングのクイック入金か銀行振り込みしかありませんが、おすすめの海外業者であれば入金方法が多岐にわたります。

下記の方法で入金できます。

中でもクレジットカードは主要3社全て使えるので非常に便利です。

もちろん入金する前に資金管理を徹底的に見直してからトレードするのは前提ですが、優位性のあるタイミングを逃すのは勿体ないので事前に口座を準備することをおすすめします。

おすすめ海外業者の記事はこちら

プログランキングに登録したのでご協力頂ければ有難いです
人気ブログランキングへ



FX必勝法:海外業者だと月曜朝7時OPEN前にトレードできるの知ってますか?

FXでは月曜日の朝大きく窓を開けてオープンすることが多々ありますが、10pipsぐらいはオープン後すぐ戻すことがあります。

この値動きを狙ったトレードができれば、かなり高い確率で勝つことができます。

国内業者でも7時前のリアルタイムレートを確認できる業者もありますが、実際の売買は7時以降でないとできません。

窓を大きく開けているのが確認できてもエントリーできずに、はがゆい思いをしたことはありませんか?
私はありました。
しかし今はほとんどの人が7時になるのを待っているなか、私は6時50分にはエントリーできます(笑)

なぜなら私が使っている海外業者はそれができるからです。他の業者はわかりませんが。

FXでは勝てるタイミングでエントリーすることが非常重要ですが、月曜朝一の窓開けオープンは勝率の高い場面のひとつです。

私は高レバレッジ(~1,000倍)から海外業者をおすすめしていますが、このような非常に有益なメリットもあるため、是非勝率UPのひとつとして活用頂きたいです。

おすすめ海外業者の記事はこちら

プログランキングに登録したのでご協力頂ければ有難いです
人気ブログランキングへ



バイナリーオプションの勝率を劇的に上げる方法

バイナリーオプションの最大のメリットは資金効率の良さとボラティリティが低い時でもトレードできるところにありますが、

それでも時間をコントロールできないデメリットを考えるとギャンブルとしか言いようがありません。

でも資金効率の良さを残しつつ、時間をコントロールできるとしたらどうでしょうか?

あと5分決済が遅ければ・・・勝ってたのに・・・

連打し過ぎたやつ全て回収できたのに・・・

そんな経験ないですか?

FX海外口座を使えば、実はそれが可能なんです!

海外業者は日本業者(25倍)に比べ、高レバレッジ(100倍以上)なので、FXでバイナリーのようなトレードができるんです!

高レバレッジ(100倍以上)で指値・逆指値を入れれば、バイナリー並みの資金効率の良さで、自分主導の決済タイミングも手にすることができます。

方向感が読めても、その時間の値など誰にもわかるはずがありません。

なのでバイナリーオプションはどこまでいってもギャンブルでしかありません。

バイナリーオプションの情報商材などははっきり言ってゴミです。

そんなものは買わずとも、トレード自体をFXですれば勝率は上がります。

海外業者と言っても、今は日本の業者と比べても遜色ないレベルでサポートも充実してます。

ただMT4でのトレードになるので、使ったことがない方は覚える必要がありますが、ネットでも情報は山のようにありますし、全く難しいものではないので、この機会に覚えることをおススメします。

世界のスタンダードなので。

数ある海外業者の中でも私がピカイチだと思っているのが、下記の記事の業者です。

私が今メインで使ってる業者になります。

FX 海外口座の利点

プログランキングに登録したのでご協力頂ければ有難いです
人気ブログランキングへ



ボラティリティを意識してトレードする

ボラティリティとは言わずもがな値動きの大きさのことを言います。

トレード戦略を考えるうえでも、エントリーポイントを探るうえでも重要な概念です。

ボラティリティはわかりやすく視覚化するインディケーターがあります。

ボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドは形状(広がっていればボラティリティが高い・縮小していれば低い)を見れば、一目でボラティリティを把握することができトレードすべき相場か判断できます。

相場はボラティリティの拡大と縮小を繰り返しています。

レンジ相場でエネルギーをためて、爆発してトレンドが起きます。

この繰り返しを相場は延々続けてます。

なのでレンジ相場になったら、爆発する価格帯・タイミングを探っていくのが大事になってきます。

注意点としては、テクニカルな要因ではなくファンダメンタル要因の急激な値動きです。

サポート・レジスタンスを考えて逆張りしても簡単に突破していく場合が多々あります。

なので急激な値動きがあった場合は、すぐに逆張りをするのではなく、何の要因で動いているのかまずニュースなどでチェックしてからエントリーするようにしましょう。

できない場合は損切してトレードをしないことです。

反転せず延々下落(上昇)していく場面は、皆さん何度か経験しているかと思います(笑)

私はトレードにおいて、いかにリスクを避けるかが勝者1割の視点と思ってます。

FXトレードがギャンブルではなく投資と言えるように、ボラティリティの理由もしっかり考えましょう。

それが理由として合ってるかは二の次です(*^_^*)

プログランキングに登録したのでご協力頂ければ有難いです
人気ブログランキングへ